大江 哲郎

長良高校野球部49期OB

image

Posted on November 25, 2019

2016年私は長良高校に赴任した

大江 哲郎 (長良高校野球部49期OB)
現:長良高校野球部部長 
image

 2016年私は長良高校に赴任しました。前任校の関高校では6年間監督をさせていただきました。赴任した1年目は、矢野監督、三輪部長、宇野コーチ、高橋トレーナーの輪の中に飛び込むような感覚でとても気持ちのいい1年を過ごしました。夏の大会でも初戦に前任校である関高校と対戦することとなり、人知れず自分にしか味わうことのできない物語を噛みしめていた記憶があります。さらにこの年の68期の生徒たちには県岐阜商業を破ってベスト4進出という素晴らしい経験もさせてもらいました。OBにもかかわらず、長良高校の野球部が様々な人から応援されているということ、長良高校野球部OBがとても熱心だということを今さらながら実感させられた1年でした。

image

 そして翌年から2年間監督をやらせていただきました。納得できる成績を収めることはできませんでしたが、長良の伝統と魅力を後輩たちに伝えるとともに、自分自身もそれを実感しながら務めることのできた2年間でした。また、現在も国語教師として、クラスの担任として母校の教壇に立ち、生徒たちに夢を語ることのできる幸せな日々を過ごしていられることに感謝しています。

image

 さて、長球会のカンファレンスについてですが、甲子園に行くには甲子園に行ったことのある人から話を聞くのが一番良いと思います。だから、話をいただいたときは、なかなか気が進まなかったというのが正直なところです。鈴木先生、北川先生と同じ舞台で、私は一体何を話せばいいのでしょう。しかしながらテーマが「長良は甲子園に行く」となると聞き捨てなりませんでした。つまり「他の学校と違って、長良だけは甲子園に行く。」ということだからです。流れゆく時代の中でも、長良だけは大事にしていること。またどこよりも先に長良だけが切り拓こうとする道。そういうものを確かめながら、共有し合う機会がこの長球会カンファレンス2020なのだと考え直すことにしました。高校で3年間、講師として2年間、教師として4年間、長良高校野球部を見てきた自分も何かしらの役にも立てるのではないかと今では思うようになりました。みなさんも経歴や年代を越えて、ぜひ多くの方に参加していただき、楽しく長良について語り合ってみてはいかがでしょうか。個人的には、先輩、後輩、教え子たちに会えるのがとても楽しみです。

それでは2020年1月3日にお会いしましょう。


image

Profile

大江 哲郎
(おおえ てつろう)

長良高校野球部49期OB

監督在任期:69期70期

現:長良高校野球部部長(2019年12月現在)