【TOPICS Vol.10】長球会(長良高等学校野球部OB会)オフィシャルサイト

コンテナーの上部スペース

TOPICS

このページは長良高校野球部に関連したエピソード等、OB会員の皆様から寄せられた情報を掲載しています。こんな伝説、あんな事件…、新たな記事の情報をご提供ください。⇒記入ページからどうぞ!(別ウインドウが開きます)
現役へのプレゼント
加納高校野球部OBチーム 3校OB対抗戦はOB会員同士の親睦および他校との交流を目的として、岐阜高校・加納高校長良高校の各校OBチームが戦う大会です。平成23年の第1回大会を開催するにあたり、3校の実行委員が協議し大会の詳細が決定されました。試合規定の他にも、高校野球連盟に登録している指導者も出場可能な方法、各チームから硬式ボール1ダースを持ち寄り優勝チームが総取りし母校野球部に寄贈する、試合後に合同懇親会を設ける等といった内容も盛り込まれました。第1回大会では、加納高校・松岡達也監督が長良OBチームで出場し大活躍!両チームから野次や歓声があがったり、合同懇親会では現役時代の対戦を肴に会話が弾んだり、岐阜県高校野球OB大会とは一味違った親睦を図ることができました。とはいっても・・・、第1回大会は加納高校が優勝し硬式ボール3ダースを持ち帰りました。これからも継続してこのルールが適用されるのであれば、長良らしい戦い方で勝利し、現役チームに硬式ボールを寄贈いたしましょう。
追伸:あれだけ活躍した松岡監督は、どんな思いで加納OBからボールを受け取ったのでしょうか?
頼れる兄貴 63期 杉山慶悟
杉山慶悟氏(63期) 平成24年3月に長良高校を卒業した杉山慶悟氏は平成医療短期大学へ進学すると同時に本校野球部コーチに就任しました。現在の野球部スタッフの中で一番若いため、選手達と一緒になって走り回っています。杉山コーチがトレーニングの監督をしている時にはまるで鬼のような形相ですが、休憩中などにはとても優しく接しやすいため、選手からは慶悟さんと慕われ、時には良き相談相手となってくれます。オンオフがしっかりしており真面目なので、まさに選手にとっては頼りがいがあり見本となる兄貴です。
頼れる大先輩 35期 宇野真太郎
宇野真太郎氏(35期) 宇野コーチは普段から年齢を感じさせず、選手を鼓舞しながらグラウンド内を一緒に走っています。少しでも全力でないプレーが見受けられたり、挨拶などの礼儀ができていないと厳しく指導されますが、いつもはとても優しいコーチです。選手と年齢の差はかなりあります(?)が、困ったときはいつでもどんなことでも相談できる、頼れる大先輩です。