【26期OB会員】長球会(長良高等学校野球部OB会)オフィシャルサイト

コンテナーの上部スペース

26期OB会員(昭和50年3月卒業)

■監督
渡辺 辰彦
■マネージャー
安藤(磯野)友子
■選手数
14人
(※監督に関しては、夏季岐阜県大会時を表記しております。)
氏名 出身中学
奥村 慎英 境川
高根 隆幸 伊奈波
坂井 宏吉 双葉
杉山 邦照 高富
鈴木 賢治 岐北
曾我部 優 長森
竹市 召一 境川
氏名 出身中学
轟 秀洋 岐陽
永田 政一 境川
藤田 龍太郎 羽島
古田 芳伸 蘇原
松野 好美 穂積
宮川 和弘 本荘
三宅 正美 長良
■第26回 秋季岐阜県高等学校野球大会
1回戦     不戦勝  
2回戦 長良 8 3
準々決勝 長良 11 1 大垣商
決勝リーグ 長良 2 1 中京商
決勝リーグ 長良 5 2 可児工
決勝リーグ 長良 2 1 関商工
■第26回 秋季中部地区高等学校野球大会
1回戦     不戦勝  
準々決勝 長良 3 0 相可(三重)
準決勝 長良 4 5 岡崎工(愛知)
■第46回 選抜高等学校野球大会
1回戦 長良 1 8 境(鳥取)
■第21回 春季岐阜県高等学校野球大会
1回戦 長良 5 2 市岐商
2回戦 長良 4 5 中京商
■第56回 全国高等学校野球選手権岐阜大会
1回戦     不戦勝  
2回戦 長良 4 1 土岐商
3回戦 長良 5 0 大垣工
準々決勝 長良 8 1 可児工
準決勝 長良 0 3 中津商
■現役当時の様子や概況など
 いよいよ「長良高野球部」が世に出る時が来たのである。岐阜市の予選から始まって、県大会、東海大会と新チーム結成以来、甲子園を目指した戦いであった。幸福なことに錦見君という下級生の投手が、下級生であったことである。同学年であったら、甲子園はなかったであろう。それは錦見君のこの年の“ひたむきさ”であった。
 しかし今から思うと、この年の強さは練習量の多さであった。帰宅するのが十時頃であったのは日常茶飯事であったでしょう。
 夏の大会は、私自身の“こころ”の未熟さで敗けるのである。“苦しさ”に敗けたのでした。野球は本来、「楽しく」あらねばなりません。それがこの年は「苦しかった」のでした。これ以上、寸評の仕方がありません。そして、マネージャーの磯野さんありがとう。
(平成2年「監督の思い出」より)