長球会(長良高等学校野球部OB会)オフィシャルサイト/平成30年度秋季岐阜県高等学校野球大会

コンテナーの上部スペース

平成30年度 秋季岐阜県高等学校野球大会

■トーナメント組み合わせ日程・試合結果

平成30年度 秋季岐阜県高等学校野球大会トーナメント組合せ日程

※必ず主催者発表をご確認下さい。

■試合情報、新聞記事など

中京院中京が連覇 秋季県高校野球

 秋季岐阜県高校野球大会(岐阜新聞社、岐阜放送後援)最終日は5日、大野レインボーで決勝と3位決定戦を行い、決勝で中京学院大中京(東濃1位)が大垣日大(選手権県代表)に3-1で逆転勝ちし、2年連続11度目の栄冠を手にした。3位決定戦では、岐阜第一(岐阜2位)が県岐阜商(同1位)に8-1で七回コールド勝ちし、8年ぶり15度目の秋季東海出場を決めた。

 中京は1点を追う六回に不後祐将の2点二塁打などで3得点。先発の元謙太が1失点完投し、2連覇を果たした。岐阜第一は一回に堀壱成の先制中前打などで2点を先取すると、その後も確実に加点し、圧勝した。

 来春の選抜大会の選考資料となる東海大会は東海4県の上位各3校が出場。9日に名古屋市内で抽選会を行い、20日から霞ケ浦などで開かれる。

(2018年10月06日付 岐阜新聞webより引用)

東海切符、まず2校 秋季県高校野球準決勝

 秋季県高校野球大会(岐阜新聞社、岐阜放送後援)第5日は4日、大野レインボーで準決勝を行い、大垣日大(選手権県代表)が岐阜第一(岐阜2位)に4-3、中京学院大中京(東濃1位)が県岐阜商(岐阜1位)に3―2でともに競り勝ち、決勝に進出。東海切符を手にした。

 大垣日大は3-3の八回に小野寺優斗が左越えソロを放ち、エース内藤圭史の力投で3年ぶり12度目の秋季東海。中京は2―2の九回に不後祐将が適時二塁打を放ち、2年連続23度目の秋の東海大会出場を決めた。

 最終日は5日、同球場で午前10時から最後の東海出場枠を懸けた3位決定戦の岐阜第一-県岐阜商、午後0時30分から決勝の大垣日大-中京学院大中京を行う。

(2018年10月05日付 岐阜新聞webより引用)

【29日と30日は雨天中止】

 29日と30日に大野町の大野レインボースタジアムで予定していた試合は、雨天と台風24号の影響のため延期になった。

 準決勝の2試合は10月4日、決勝と3位決定戦は10月5日に実施されることに決まった。

(2018年9月30日 事務局)

県岐阜商、接戦制す 秋季県高校野球

 秋季県高校野球大会(岐阜新聞社、岐阜放送後援)第4日は23日、長良川球場と大野レインボーで準々決勝を行い、選手権県代表の大垣日大、県岐阜商(岐阜1位)、岐阜第一(同2位)、中京学院大中京(東濃1位)のシード校がベスト4進出を決めた。

 大垣日大は美濃加茂(中濃・飛騨1位)に3―0。三回、林拓馬の三塁打を足場に、浅沼千裕の二ゴロで先制。七回は浅沼、内藤圭史の連続適時打で2点追加。林晴真と内藤の細かい継投で完封した。美濃加茂は好機であと一本が出なかった。

 県岐阜商は岐阜(岐阜3位)との接戦を2-1で制した。二回に栗本健太郎の中前適時打で先制。七回に失策も絡み、同点にされたが直後に森亮太が左中間に決勝二塁打を放ち3投手の継投で逃げ切った。岐阜はうまく継投したが及ばなかった。

 岐阜第一は海津明誠(西濃1位)に8-5。五回に5番大橋優斗の右前打で同点にすると六回、三塁打の松田隆浩が敵失の間に生還し勝ち越し。以後も堀壱成の2ランなど毎回の加点で突き放した。海津明誠は打線が援護できなかった。

 中京は10-0の五回コールドで市岐阜商(岐阜6位)を圧倒。一回、藤田健斗の左前打で先制し、二村洸生、久保亮大の連続適時打などで5点先取し、二回以降も着実に加点。先発不後祐将は2安打完封。市岐阜商は攻守とも精彩を欠いた。

 第5日は29日、大野レインボーで午前10時から、準決勝①岐阜第一-大垣日大②中京学院大中京-県岐阜商を行い、勝者の東海大会出場が決まる。

(2018年09月24日付 岐阜新聞webより引用)

大垣日大が8強入り 秋季県高校野球

 秋季県高校野球大会(岐阜新聞社、岐阜放送後援)第3日は22日、長良川球場など4球場で2回戦8試合を行い、選手権県代表のシード大垣日大が土岐商(東濃2位)とのシード校対決を制するなど、ベスト8が出そろった。

 大垣日大はエース内藤圭史の逆転3ランで6-4。各地区1位校では、県岐阜商(岐阜)が今夏準優勝の大垣商(西濃3位)との注目の一戦を5-3で制した。海津明誠(西濃)は大垣養老(同4位)に13-9、美濃加茂(中濃・飛騨)は関商工(同4位)に7-2、中京学院大中京(東濃)は益田清風(中濃・飛騨5位)に8-1の七回コールドで圧倒した。

 岐阜第一(岐阜2位)は岐阜城北(同5位)に7-1で快勝、市岐阜商(同6位)は9-2で多治見工(東濃4位)に八回コールド、岐阜(岐阜3位)は九回に一挙6得点し、8-7で帝京大可児(中濃・飛騨2位)に劇的逆転勝ちした。

 第4日は23日、同球場と大野レインボーで準々決勝を行い、ベスト4が出そろう。

(2018年09月23日付 岐阜新聞webより引用)

【長良高校の県大会1回戦は、岐阜城北に敗退】

 17日、長良高校は大野レインボースタジアムで岐阜城北と対戦し、3-8で敗れた。

高校名 1回 2回 3回 4回 5回 6回 7回 8回 9回
岐阜城北 0 0 0 0 0 4 0 0 4 8
長良 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3

(2018年9月18日 事務局)

【長良の1回戦は再度順延、17日の10:00から】

 15日の雨天の影響で、この日も秋季県高校野球大会全試合が順延となった。

 長良の試合は、17日、大野レインボースタジアムで10:00試合開始になる。

(2018年9月15日 事務局)

【長良の1回戦は16日に順延】

 8日から9日に雨天順延となった秋季県高校野球大会は、雨天の影響により2日連続で全8試合が中止になった。このため、長良の試合も順延となり、16日、大野レインボースタジアムで10:00試合開始に決まった。

 大会日程は、当初、8日に予定されていた1回戦8試合が15日に実施され、9日予定の1回戦8試合が16日に実施されることになった。なお、22日の準々決勝以降の試合日程については、再変更はない。

(2018年9月11日 事務局)

【8日の開幕は雨天順延】

 8日に開幕予定の秋季県高校野球大会は、雨天の影響により全8試合が中止になり、8日に予定されていた1回戦8試合は9日に実施し、9日予定の1回戦8試合は15日に実施することになった。

 長良の試合は、15日、大野レインボースタジアムで10:00に試合開始に決まった。

(2018年9月9日 事務局)

■秋季地区大会

各地区大会の順位表(県大会出場校)
順位 岐阜地区
(11校)
順位 西濃地区
(5+1校)
順位 中濃飛騨地区
(10校)
順位 東濃地区
(5校)
1 県岐阜商 1 海津明誠 1 美濃加茂 1 中京院中京
2 岐阜第一 2 大垣西 2 帝京大可児 2 土岐商
3 岐阜 3 大垣商 3 八百津 3 麗澤瑞浪
4 長良 4 大垣養老 4 関商工 4 多治見工
5 岐阜城北 大垣工 5 東濃実業 5 中津川工
6 市岐阜商   斐太
加納 益田清風    
8 岐阜各務野 8 郡上
9 各務原西 9 高山工
岐南工 大垣日大
(甲子園出場校)
武義    
岐阜総合        

▲目次へ