第101回全国高等学校野球選手権岐阜大会

コンテナーの上部スペース

【特集】第101回全国高等学校野球選手権岐阜大会

■大会情報

【日程】
2019年[新元号 元年]7月13日(土曜日)〜 10日間
【場所】
長良川球場、大垣市北公園野球場、各務原市民球場、
関市民球場、土岐市総合公園野球場、
大野レインボースタジアム、KYBスタジアム
【出場校】
68校

■トーナメント組み合わせ日程

第101回全国高等学校野球選手権岐阜大会組合せ日程

※必ず主催者発表をご確認下さい。

■試合情報、新聞記事

【休養日を計2日に、暑さ対策で 全国高校野球選手権】

 今夏の第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)で、選手の負担を減らすために休養日が増えることになった。30日、大阪市内で開かれた第1回運営委員会で、暑さ対策を採り入れた大会日程が承認された。開幕は8月6日。

 全国選手権では2013年の第95回大会から準々決勝と準決勝の間に1日の休養日を設けていたが、今夏はさらに準決勝と決勝の間に1日設ける。また、1日3試合の日(開幕日を除く)と準決勝は第1試合の開始時刻を早めた。3試合日は午前8時(従来は午前9時半)、準決勝は午前9時(同10時)に変更。比較的涼しい時間帯に試合をするため。

 大会期間は16日間(休養日を2日含む)となり、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われる。決勝は8月21日の予定。昨夏の第100回記念大会で56校だった出場校数は、例年通り47都道府県から49校(北海道は北と南、東京は東と西の2校)になる。組み合わせ抽選会は8月3日に、大阪市北区のフェスティバルホールである。

(2019年01月30日付 朝日新聞デジタルより引用)

【第101回全国高等学校野球選手権大会について】

 第101回全国高等学校野球選手権大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)は2019年8月6日(火)から16日間(雨天順延、準々決勝翌日と準決勝翌日の休養日各1日を含む)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催します。

(2019年01月31日付 公益財団法人日本高等学校野球連盟より引用)